メニュー>>> ◇このブログについて ◇スケジュール ◇金曜アクション ◇リンク
◇おしらせ ◇コラム ◇告知のすすめ ◇メール通知

2013年10月22日(Tue)

デモの告知、公式情報がツイッターだけでは駄目な理由。

今回もずっと前からまとめたかったことで、私がデモ情報更新を休止した理由の一つでもあります。

デモの開催に関わられる方々には本当に頭が下がります。
当たり前ですが、デモを開催してくれる人がいないと、参加することも出来ません。内容を決め、許可を取り、当日の体制を考え、様々な作業をこなしてデモ開催当日を迎えるわけですが、その中に大変重要な作業「告知」というものがありますね。告知をしないと人は集まりません。

しかし、告知を軽視しているのではないかと思ってしまうことが多々あります。

私は以前から告知の大切さを訴えてきたし、ブログでは様々なやり方を紹介してきました。しかしこれを見ても難しいという方もおり、細かく解説していこうと思っていました。全貌をイメージできていないのでどのくらい続くかわかりませんが、なにか知りたいことなどがありましたら声をかけてください。

◆ツイッターだけじゃ駄目◆

情報告知をするのにツイッターのみを公式情報としている方も多いですが、それには不都合が多いです。

なぜか。

まずはツイッターの性質をざっと見ていきます。

(1)ツイートしたものはその瞬間にフォロワーのタイムラインに表示され、タイミングを外すと見落としがち。
(2)一度ツイートしたものは、削除は出来るが修正は出来ない。
(3)2により、最新情報は、そのアカウントを開いてツイートをチェックしないと分からない。
(4)3により、変更がなくても頻繁にデモ告知をツイートしないと探しにくい。


以上の理由から、ツイッターはイベント告知ツールとしては不完全なことがわかります。もっと細かく知りたい方のために、本記事末に詳しく書いておきます。

例えばブログだと上記の問題点は全てありません。個人的には、情報を迅速かつ確実、正確に届けるために最適なのはブログだと思いますが、何らかの事情でブログを運営できない方は、他にも様々な方法がありますので、過去記事→『【告知のすすめ】デモの開催を知られないことには人は集まらない。』(http://demojhks.seesaa.net/article/282418225.html)を御覧下さい。

反対に、ブログに比べてツイッターが優れている最大のポイントは、思わぬ人に情報が届くということです。
ブログはブックマークしているか、検索で引っかかった人が見るのがほとんどでしょうが、ツイッターだとフォロー関係によって、求めてもいない情報がどんどん表示されるものです。ブログだけでは見てもらえない人にもツイッターだと勝手に届く可能性があります。それぞれの得意技を利用しあっていきましょう。

繰り返し言いますが、情報を発信する人は、受け取る側の視点で考えてください。

デモ情報を集めていると分かりますが、直前になって時間や場所が変更されることは、よくあります。
私のアカウントは、情報を流すことに関してはボットでやっているので、訂正しないうちに間違った情報をツイートし続けてしまうことがあります。そのためもあって、特によく変更のある「時間」は、一部を除いて載せないようにしています。
情報に不安があると、遠くからデモに参加しようという方は、見合わせてしまうかもしれない。とてももったいないことをしているかもしれません。

直前にチェックしたいけど、最新の情報はどれかな…という人の気持ちを考えてください。

そういう状況に自分があると想像してください。

このことはかなり初期から繰り返し言ってきましたし、いくらかは効果があったと思います。しかし、このような、ツールの特性や利用者の立場からの視点について、あまり考えていない人も多く、それが原因の疲労も大変でした。


◆以下、ツイッターの性質についての詳細◆

(1)ツイートしたものはその瞬間にフォロワーのタイムラインに表示され、タイミングを外すと見落としがち。

ツイッターの特徴は、「ツイートした瞬間にフォロワーのタイムラインに表示される」ということで、それは他のユーザーのツイートも同じなわけです。つまり、フォローしてる人がツイートするたびにタイムラインは新しいツイートで埋め尽くされていくのです。よほどフォローしてる数が少ない人か、一日中常にタイムラインを眺めている人でなければ、ある一つのツイートをたまたま見かけるタイミングなんてほんの一瞬です。
リストを駆使して読みたいものを選んでいたとしても、自分のたった一回のツイートを見逃さないでくれる保証は全くありません。

(2)一度ツイートしたものは、削除は出来るが修正は出来ない。

とても重要なポイントです。
ツイッターには「修正」という機能がありません。一旦してしまったツイートに対して出来ることは「削除」だけです。削除以外の変更が出来ないということは、変更が生じた場合に出来る対応は、古い情報のツイートを削除して、新しい情報をツイートすることだけです。
もし公式RT(リツイート)されていた場合は、削除すればRT分も全て消えますが、非公式RTをされた場合は、扱いとしては単なる文字列です。それはもうシステム上では、非公式RTした人の独自のツイートと同じですので、元が削除されても残ります。自分で消すことが出来ない古い情報が、そのまま拡散され続けてしまう可能性があります。
そして新しい情報をツイートしたところで、やっぱりそれも一瞬タイムラインに乗るだけなので見落とされる可能性も高いです。

※公式?非公式?という疑問がわく人や、そもそもRT(リツイート)の意味も分からない人は各自調べてください。それぞれ利点、欠点がありますので使い分けるといいです。


(3)2により、最新情報は、そのアカウントを開いてツイートをチェックしないと分からない。

削除をしていればまだましで、訂正ツイートだけして過去のものを削除していない人も多いです。非公式RTの場合は削除出来ないので同じ問題が生じます。
ツイートを公式情報としてブックマークしていると、その後に変更があってもそのツイートでは分からないのです。なので、そのツイートをしたアカウントの新しいツイートを探さないといけません。それが情報だけのアカウントならいいですが、一日に何十ものツイートをしながら、情報は一回しか流さない人もいるので、まず変更があるかどうかを知るのが困難です。変更があるかどうかをいちいち聞くのも余計な作業ですし、困ったことに、返事がない人も結構います。


(4)3により、変更がなくても頻繁にデモ告知をツイートしないと探しにくい。

変更や訂正あるかどうかわからないということは、過去にツイートした通りに実施されるかどうかも確認出来ないということです。結局ツイッターで確認するためには、何度もツイートしないとわからないし、直前にツイートしてないと不安になります。私はこれで情報を掲載するかどうか悩んだものも多いです。変更について散々尋ねて、「お知らせください」って頼んどいたその週末に実施することを教えてくれないとか、凄い脱力感です。

以上。愚痴を交えてお送りしました。

posted by 脱原発系管理人 at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモの告知のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378265085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック