メニュー>>> ◇このブログについて ◇スケジュール ◇金曜アクション ◇リンク
◇おしらせ ◇コラム ◇告知のすすめ ◇メール通知

2013年12月12日(Thu)

脱原発デモの告知から考える、ブログの書き方(2)

ちょっと間が空いてしまった間に特定秘密保護法が強行採決で通ってしまったり、原発を重要ベース電源とするエネルギー基本計画が策定されたりしてますが、それはさておき続けます。

前回の ◇タイトルで興味を引く も併せてごらんくださいませ。
では、次の項目です。
◇結論を先に書く

結論というか、何について書いてある記事かを先にわからせるということです。

こういう例があります。

タイトルは「安倍政権に怒りの声を!」みたいな意気込み。
現在の情勢、自分たちのこれまでの取り組み、そこから考えたことなどを書いた上で、最後に

「というわけでデモをやることになりました」 と書く。

自分の中ではデモをやる前提で書いてるけど、読む人はそれを知らないわけだから、よほどそのブログに興味があるか、魅力的な文章じゃないと最後まで読んでもらえない可能性が高いです。
私も情報を探す時は多数の記事から取捨選択するために、タイトルや冒頭から想像して先を読まないものも多いので、デモの情報を見落としたこともあります。


小説じゃないんだから、最初に「デモやります」と書いて、どういう思いでやるのかを興味のある人にだけ読んでもらえばいいんです。
デモの話をする前に気持ちをぜひ伝えたいというのであれば、冒頭にデモをやることだけを予告して、そこに至る経緯や気持ちなどを書いて、最後に詳しくデモの告知をすればいい。そうすれば、デモの情報しかいらない人は、記事を最後まで飛ばして読んでくれるでしょう。

多くの人は、ブログのタイトルやコンセプトを知ったうえで記事を読んでもらえると思っているようですが、ツイートや検索で辿り着く人は、ブログの記事に直接来ますし、検索の時点では記事のタイトルで開くかどうかを決めてしまうことも多いです。
なので、記事のタイトルで、中身がわからないと興味をもってもらえない。全ての記事を、受付・入り口と考えてください。

posted by 脱原発系管理人 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | デモの告知のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382551200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック