メニュー>>> ◇このブログについて ◇スケジュール ◇金曜アクション ◇リンク
◇おしらせ ◇コラム ◇告知のすすめ ◇メルマガ  ◇掲示板

2014年12月05日(Fri)

妄想上の敵との激しい戦い

書きたいことが山ほどあって全部手につかなくなるという駄目人間のブログへようこそ。

選挙も期日前投票が始まりましたね。
んで、色々な意見をツイッターで見てて思ったんですけど、なんか妄想と戦ってる人が多いですね。

選挙と直接関係ないけど一つわかりやすい例を。

2005年に放送されたテレビドラマ「女王の教室」のセリフが、今の社会を見事に表してるという話題。これに対して、「この脚本家はもうテレビにいないんだろうな」というコメントがありました。

「テレビは国民の敵であり、テレビにとって都合の悪い真実を書いた人は干されたに決まっている」という発想から書いたんでしょう。

しかし実際はこの脚本家、その後もずっと活躍していて、大ヒット作を生み出したり、NHKの朝ドラを手掛けたりしています。

こんなね、ドラマのタイトルまではっきりしてるんだから、ほんの少しの手間をかけて検索すればいいんですよ。

「女王の教室」検索 → wikipediaをクリック → 脚本家名をクリック

これだけでわかる話なんです。

真実が手に入る大事な情報ツールだと思ってるんでしょ?ネットを。なんで使わないの??
ネットを使えない人はしょうがないですよ。でもツイッターやってる人なんだから、検索ぐらい出来るでしょう。ってか、出来ないなら検索くらい覚えろって話です。

これは説明しやすいから上げただけで、このようなことが沢山あります。


なんで検索しないの?


あとよく「これはテレビでは一切報道されない」って騒いでる人たち。
その話題は、大抵テレビで報道されています。テレビをよく見てる私は知っています。

びっくりするんですよね、私がテレビで知ったことについて「テレビはなぜ流さないんだ」とか言ってる人を見ると。

別にテレビを見たくなければ見なくていいけど、テレビを見ないということは、少なくともテレビで何が放送されているかという情報に疎くなるということくらい自覚してくれよ。全くもう!

ここ数年でネットを使い始めた人は気づいてないと思うけど、長く使っていると、ネットが急速にテレビ化しているということがわかります。使い方次第なんですけど、慣れない人ほどテレビと同じような状態になってますね。もちろん情報が全く同じではないですけど、形態がね。提供側が届けたい情報が目の前にポンと置かれる状態になるってこと。自分から探すという行為を捨てたら、ネットももうテレビと同じですよ。


選挙のことを語ってる人にもね、確認のしようがない「印象」だけで、それが真実だと思い込んで誰かを叩いてる人が目につきます。それが真実である可能性ももちろんあるけど、だとしてもたまたま当たっただけで、自分の中で作り上げた敵と戦っているということには変わりありません。なんというギャンブル的なことをしているんでしょうか…

posted by 脱原発系管理人 at 00:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
<過去の記事へコメントをしてしまったので再掲させて頂きます>

年がら年中、反原発・脱原発を貶めるようなことばかり書いている馬鹿者がいます。

>http://ameblo.jp/hirai-h

↑の原発に関する記事は毎回のように「馬鹿」だの何だのと、まるで自身の事を述べているかのよう(笑)


>(参考)http://twtr.jp/NiST_HH

↑「お気に入り」はブログ記事のネタ元、パクり元



これで、真贋はともかく、「社長」と名乗っているのですから...(笑)

意見だけならまだしも、この人がしたいことは、単に反原発・脱原発の動きを貶めたいだけ。

代替エネルギーについては、火力にコストが掛かり過ぎているとの趣旨を繰り返し書いてはいますが(…Twitterのお気に入りからのコピペ・転載が主かなと...)、他については殆ど触れる事も無し(…Twitterのお気に入りからのコピペ・転載が主ですから、仕方が無いのでしょうが...)。

質問コメントをしても、答えられないのか何なのか知りませんが、ほぼ回答無し。

たまに回答があっても、必ず「馬鹿」だの何だのと、下らない挑発付き。

この様な人、どう思われますか?



Posted by 平井宏明・日本再生投資椛纒\取締役社長と騙る人物大嫌い at 2015年02月26日 05:39
■平井宏明・日本再生投資椛纒\取締役社長と騙る人物大嫌い さんへ

コメントありがとうございます。
ブログのトップ数記事には原発のことが書いていないので、探すのに手間取りました。こういう時は、当該記事のアドレスを載せてくれると助かります。

さて、ネットで見る限り実態を確認できない会社ですが、顔も名前も会社も知られているような人でも同じようなことを言っている人もいますので、本当に社長かどうかは大した問題ではないと思います。

そして、その内容については、ずいぶん遅れていますね。最近は、その論理に穴が沢山あることが知られてきたので、原発維持の理由を変えてる人が多いですが。今頃こんなこと書いてるようでは影響力も小さいのではないかと想像します。ネットでは関わりたくないですね。直接会う機会があれば喋ってみたいですけど。

興味深いのは、いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれてる人たちが信じている人たちについてもこの人は文句を書いてるので、そちら側から「売国奴」のリストに入れられていることですね。
Posted by 脱原発系管理人 at 2015年02月26日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410095510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック